家族葬の喪主として注意するべき事柄

葬儀の形態として家族葬を選んだ場合、葬儀が終わった後、呼ばなかった人から、知らせがなかったことについて、苦言が呈されたり、理由の説明を求められたりする可能性もあります。

そのようにして不義理が生じるリスクを回避するために、喪主は、訃報を知らせなかったものの、故人と生前親しい付き合いのあった人に対して、葬儀が終わってから、挨拶状を送ると良いでしょう。故人と親しく付き合っていた人にとって、自分の知らない内に葬儀が終わったことを風の噂で知るというのは、悲しいものです。

喪主であれば、そのような人の気持ちを察して、挨拶状を送ることで、誠意を伝え、人間関係のトラブルを未然に防ぐことが可能になります。挨拶状には、逝去の日付と、亡くなった方と生前に仲がよかったことに対する感謝の気持ち、葬儀の日付、近親者のみで葬儀を済ませた旨を記載しておきましょう。

家族葬の喪主を務めることになった場合、通夜や葬儀・告別式では、故人のそばを離れて挨拶して回ったり、一人の参列者と話し込んだりすることは避け、訪れる弔問客への対応に集中しましょう。喪主である以上、常に故人のそばにいて、全ての参列者に対して同様の対応をすることが重要になります。