喪主が家族葬に呼ぶ人を選定する際は

家族や近しい身内にもしもの事が起こり、家族葬の喪主となった場合、葬儀に誰を呼ぶかという問題が生じてきます。一般の葬儀と違って、家族葬の場合、喪主が、葬儀に呼ぶ人を決定することができます。そのように、選択の自由度が高まる一方で、判断の難易度もまた高くなるという問題があります。

葬儀の案内をする人の選定方法に疑問や不安が生じた場合、故人の身になって、最後に会いたいと思う人かどうかを考えてみると良いでしょう。葬儀に呼ぶか呼ばないかで、今後の人間関係に影響が及ぶこともあり得るので、慎重な判断をすることが大切です。

一般的に家族葬では、葬儀に呼ばない人には訃報を知らせず、葬儀が終わってから報告することとなります。ただし、葬儀には呼ばないものの、逝去のお知らせだけはしておきたいという場合は、誤解を招くことのないよう、参列をお断りする旨明確に伝える必要があります。

具体的には、「誠に勝手ながら」や「故人の遺志により」などの文言から始めて、葬儀は近親者のみで行なうため、弔問や香典、供花、供物は一切お断りする旨明記しておきましょう。そして、葬儀が終わった後には、訃報を知らせなかった人に挨拶状を送るようにしましょう。