喪主として家族葬を滞りなく行なう手順

家族葬の喪主を務めることとなり、死亡届の提出が終わったら、葬儀社の担当者と打ち合わせを行ない、葬儀のプランを決定しましょう。その後、菩提寺や火葬場、参列者などとの日程調整を行ない、家族葬のスケジュールを作成します。葬儀社の担当者からプランの説明を受ける際には、プランに含まれているサービスの内容や料金の内訳について、確認しておくことが大切です。

次に、通夜で受け付けや接待をする人とその役割を決定し、弔問客を迎えることとなります。こちらの場面で喪主は、実務に関わることなく弔問客の応対に専念し、お悔やみの言葉をかけられた場合には、丁重にお礼を述べましょう。そして、焼香が終わり、僧侶が退出した後には、参列者に対してお礼の気持ちを述べ、通夜振る舞いの席へと誘導します。この時、葬儀や告別式の開始時間も伝えておきましょう。

その後、葬儀社の担当者と打ち合わせして、式中に読み上げる弔電の選定と、火葬場に同行する人数の確認を行ないます。そして、葬儀、告別式が始まったら、通夜の時と同じように、弔問客への対応に徹しましょう。

次に、出棺することとなります。出棺の際には、故人に最後のお別れをし参列者に挨拶をします。